o-ji blog

「o-ji info」管理者によるblogです。ここでは市販品などの情報を書き留めています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
『太ったんでないのッ!?』 檀ふみ、阿川佐和子(新潮文庫)


今は無き「ジャン・ムーラン」話は、読むと悔しくなるショック
うまそう。。。ポロリ

千代」は健在だから、比較的落ち着いて読めるニコニコ
野菜の油ボイル、今度試してみよう。
『ふつつか台所自慢』 平野恵理子(文春文庫)


レシピ付イラストエッセイ集。
あまり面白くなかったが、中華ちまきには惹かれた。
『4時のオヤツ』 杉浦日向子(新潮文庫)
4時のオヤツ

地蔵通りの大学芋」や「うさぎやのどら焼き」など、33個のオヤツが登場。
いづれも短編小説にちらっと名前が出てくるだけだが、
妙に心惹かれるポッ
しろたえ」のデリス・パンプキン食べてみたいな
『神々の食』 池澤夏樹(文春文庫)
神々の食

沖縄の食文化ガイド本
ゆし豆腐、きっぱん、泡盛、沖縄そばetc. ポッ
『世界のホテルで朝食を』 村瀬千文(幻冬舎文庫)
世界のホテルで朝食を

“フルーツ切り専従スタッフ”がいるという
ザ・トンサイベイ・コテージ&ホテル」に惹かれる...
『食べるが勝ち!』 星野知子(講談社)
食べるが勝ち!

食欲をそそらない食べ物本は珍しい。
面白かったけどね楽しい
『からいはうまい』 椎名誠(小学館文庫)
からいはうまい

タイトル通り、各地の辛い食べ物を探求した本。
辛党じゃなくても、食欲をそそられるモゴモゴ
『大江戸美味草紙』 杉浦日向子(新潮文庫)
大江戸美味(むま)草紙

著者は先日亡くなられた江戸風俗研究家。
現代の食文化のルーツを、親しみやすい文章で教えてくれる。
『献立帳』 辻嘉一(知恵の森文庫)


著者は茶懐石料理「辻留」の2代目。
昭和42年の著作ながら、全く古さを感じない。
穏やかで真摯な文章にうなだれるばかりニコニコ
『となりの猫の晩ごはん』 板東寛司,荒川千尋(文春文庫)
となりの猫の晩ごはん

猫写真エッセイ集、猫ごはんレシピ付猫
ヒト用お取り分けレシピも有。
試しに「ささみ小判」作ってみた。
o-jiの反応は鈍かったが、猫に小判やれて満足イヒヒ